CATEGORY

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!

これからの家づくり、ガレージがただの車庫じゃもったいない!

おすすめはガレージに書斎スペースを作ること。

書斎は映画やテレビ、読書、マンガ、ゲーム、ネットサーフィンなど、すでに作られたものを楽しむ受動的な趣味の空間として、知識や感性を磨いたり蓄えたり出来ます。

ぱんだ

まさにガレージにピッタリ!

そして、家全体の間取りの中で書斎とガレージをそれぞれ検討するよりも、ガレージの隣に個室であったりガレージ内に併設で考えた方が家づくりが遥かにラク!

この記事では、2015年に念願のガレージハウスを建てたハーレー乗りの筆者が、これからの家づくりで大切な『ガレージライフ』について詳しく解説!

この記事を読むことで、ガレージに書斎を作るために必要な知識と選択肢が得られ、自分に合った書斎スペースの検討が始められます!

執筆者
ぱんだ
PANDA

建設業会社員|二級建築士|愛車XL883L

住宅&建設業界で30年の現役会社員。
「小さな家づくり、大きな住み心地」を中心にバイクライフスタイルを発信中!

>運営者情報

目次

書斎レイアウトの検討5ステップ

RoomCrip nekobai さん
RoomCrip machine さん

テレワークや在宅勤務も、ガレージならちょっとしたスペースを利用して上手に活用できそうです。

ガレージと書斎の在り方について計画する場合は、以下のステップで着手するのがおすすめ!

ガレージと書斎の検討5ステップ!

STEP
クローズ型 or オープン型

①クローズ型(ガレージ隣に配置)

②オープン型(ガレージ内に併設)

ぱんだ

個室にするか間仕切りくらいで良いか。

STEP
必要な物量の確認

・書類や書籍、文房具等の量
・ノートPC、デスクトップPC
・画面インチ、使用台数
・プリンターはA4かA3か、等

ぱんだ

必要な量を最低限に絞る。

STEP
設備の検討

・照 明:ブラケット、シーリング、卓上、他
・電 源:100Vコンセント、USB、他
・通 信:ネット回線、Wi-Fi、他
・冷暖房:エアコン、ファンヒーター、他
・換 気:壁換気扇、天井ファン、他

ぱんだ

コンセントの数に余裕を持たすか、使う家電を限定するか。

STEP
デスク&チェアの検討

①デスク
・寸 法:幅・奥行・高さ
・材 質:木、鉄、化粧合板
・仕 様:高さ調整機能、引き出し、スライド
・調 達:既製品、造作特注

②チェア
・寸 法:座面、幅、高さ、背面、肘掛け
・材 質:レザー系、ファブリック系、他
・仕 様:高さ調整機能、ロッキング機能
・調 達:既製品、メーカー特注

③本棚・書庫
・寸 法:幅・奥行・高さ
・材 質:木、鉄、化粧合板、他
・仕 様:扉、引き出し、仕切り
・調 達:既製品、造作特注

ぱんだ

姿勢に合った専用デスクを選ぶ

STEP
用途・頻度・利便性の再確認

・必要な業務、作業に適した計画であるか
・他の家族も共用予定のあるスペースか
・将来的に他の用途にも転用可能なスペースか
・得られる有益性は適切な予算範囲であるか
・もっと工夫できる点はないか(予算・配置等)

ぱんだ

ここで改めて確認!
実際にはSTEP1~5を行ったり来たりして考えを深めたい。

ガレージのある家づくりで後悔しないためには、事前の情報収集も大切です。

なお、ハウスメーカーへ資料請求する際は、各社のHPから毎回個人情報を入力するのが面倒であれば、一括お取り寄せサービスが便利です!

カタログまとめてお取り寄せ!
HOME SPEX_家づくり手帖-LHS-01

▼【無料】カタログお取り寄せはコチラ!(PR)

家づくりを考え始めたらまず、希望する地域で対応可能なハウスメーカー各社から、カタログをまとめて無料でお取り寄せ!最新情報で比較検討に役立てよう!
家づくりノートのスクラップにもおすすめ!

ガレージの隣に書斎クローズ型を検討

GARAGE PANDA_check_家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!

ガレージに隣接する書斎「クローズ型」は、敷地や間取りの面積に余裕のある人や、ガレージスペースがそれほど大きくならない人におすすめ!

書斎クローズ型に共通するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • 完全個室なので作業に集中できる
  • 仕事関係の物が一か所で整理できる
  • オンとオフの区別がつけやすい
  • 引き戸であれば、開放的に使用しても良い
  • ガラス越しに愛車を眺める間取りも可能
デメリット
  • 間取りプランに広さと費用が必要
  • 個別に冷暖房・換気設備が必要となる
  • 家事育児や他の用事との行き来がしにくい
  • 他の家族がデスクを使いにくい
  • 窓を設けられない場合、閉塞感を感じる
  • 外開き戸にするとドアを開けっ放しにしづらい

※寸法は検討の目安(単位:mm)
木造在来工法における柱105角からの芯々に対し、胴縁をt25㍉、石膏ボードをt12.5㍉として算出しています。実際の寸法については設計図面等から確認して下さい。

書斎クローズ型①1.0畳スペース

狭いとは言え、1畳あればパソコンデスクと椅子くらいは置けます。ただし、出入り口の位置と扉の仕様に注意。

1畳 ①長辺方向から出入り

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_01

1畳の場合、隣接する間取りのと都合を付けて何とか長辺方向に出入り口を設けたいところ。

そうする事で、かろうじて小さな本棚も置けそう。

長辺方向からの出入りであれば、”引き戸”でも”開き戸”でも室内空間は一緒。
ただしウチ開き戸は室内空間が狭くなるので注意。
また、室内側で引き込む引き戸にすると、活用できる壁面が減る

メリット
  • 背面の壁コーナーに小さな棚も置けそう
  • ノートPCであれば難なく使える
  • A4プリンターであれば足元に置ける
デメリット
  • 余分な物をほとんど置けない
  • 窓を設けにくい
  • 息抜きに何度も部屋を出入りしそう
  • 個別に冷暖房設備を設ける場合は狭い

1畳 ②短辺方向から出入り

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_02

一方、短辺方向に出入口を設けざるを得ない場合、使い勝手が大きく変わってきます。

扉を開けたらデスクと椅子がドカンと視界に入るだけなので、潔くデスク奥行600にするのもアリ。

短辺方向からの出入りであれば、引き戸でも開き戸でも室内空間は一緒。
ただしウチ開き戸は室内空間が狭くなるので注意。
特にこのパターンは、何としてもウチ開き戸は避けたい!

メリット
  • いっそのことデスク奥行600も良し
    (デスクトップPCも置ける)
  • A3プリンターもデスク下に置ける
デメリット
  • 余分な物はカバン1つも置けなそう
  • 窓を設けにくい
  • 息抜きに何度も部屋を出入りしそう
  • 個別に冷暖房を設置する場合は狭い

書斎クローズ型②1.5畳スペース

書斎スペースも1.5畳であればそれなりに使い勝手は良くなるので、書斎クローズ型の場合はこの広さから検討を始めたいところです。

1.5畳 ①長辺方向から出入り

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_03

まずは1.5畳正方形に近い形状にして検討。

引き戸でも開き戸でも室内空間は一緒。
ただしウチ開き戸は室内空間が狭くなるので注意。
なお、室内側で引き込む引き戸にすると、活用できる壁面が減る。

メリット
  • デスク奥行は600まで検討可
  • デスク幅1,100~1,200が選択肢に入る
  • ちょっとした本棚も置く事ができる
  • A3プリンターも問題なく置ける
  • 窓を設けることも可能
デメリット
  • 個別に冷暖房を設置する場合、スペースが少ない
  • 使用頻度が少ないともったいないスペースとなる

1.5畳 ②短辺方向から出入り

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_04

このパターンの方が、収納を増やす事が出来そう。

長辺方向からの出入りであれば、引き戸でも開き戸でも室内空間は一緒。
ただしウチ開き戸は室内空間が狭くなるので注意。

メリット
  • デスク奥行は600まで検討可
  • デスク幅1,100~1,200が選択肢に入る
  • 本棚の幅を多くとれる
  • プリンターA3サイズも問題なく置ける
  • 窓を設けることも可能
デメリット
  • 個別に冷暖房を設置する場合、スペースが少ない
  • 使用頻度が少ないと勿体ないスペース

1.5畳 ③ヨコ長×引き戸

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_05

今度は1間半をヨコに並べた配置。
細長い印象ですが、それなりに使い勝手が良さそう。

長辺方向からの出入りであれば、引き戸でも開き戸でも室内空間は一緒。
ただしウチ開き戸は室内空間が狭くなるので注意。
なお、室内側で引き込む引き戸にすると、活用できる壁面が減る。

メリット
  • デスク奥行は600まで検討可
  • 本棚の奥行を多くとれる
  • A3プリンターも問題なく置ける
デメリット
  • 窓を設けにくい
  • 個別に冷暖房を設置する場合、スペースが少ない
  • 使用頻度が少ないと勿体ないスペース

書斎クローズ型③2.0畳スペース

いよいよ2畳です。
2畳もあればもう、何だって出来ちゃいます。
(けっこうすぐに限界は来ますが)

L型のデスクだって置けちゃいます。

2畳 ①引き戸

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_06

2畳スペースは正方形を基本として検討。

引き戸でも開き戸でも室内空間は一緒。
ただしウチ開き戸は室内空間が狭くなるので注意。
なお、室内側で引き込む”引き戸”にすると、活用できる壁面が減る。

メリット
  • デスク奥行600以上も視野に入る
  • L型デスクの配置も可能
  • デスクトップPC2台もイケる
  • A3プリンターも楽々置ける
  • 収納と合わせてアレンジが豊富
  • 窓を設けやすい
デメリット
  • 個別に冷暖房・換気が必要
  • 使用頻度が少ないと、かなり勿体ないスペース

2畳 ②内開き戸

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_07

2畳スペースであれば、隣接する間取りの都合上、やむを得ずウチ開き戸となってしまっても、書斎としては何とか成立できそうです。
(理想は外開き)

メリット
  • デスク奥行600以上も視野に入る
  • L型デスクの配置も可能
  • デスクトップPC2台もイケる
  • プリンターA3サイズも楽々置ける
  • 収納と合わせてアレンジが豊富
  • 窓を設けやすい
デメリット
  • ウチ開き戸の分、使える空間が減る
  • 個別に冷暖房・換気が必要
  • 使用頻度が少ないと、かなりもったいないスペース

2畳 ③ヨコ長×引き戸

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_08

2畳分のスペースを長方形にしたレイアウトです。

長辺方向からの出入りであれば、引き戸でも開き戸でも室内空間は一緒。
ただし室内側で引き込む引き戸は、壁面の活用が減るので注意。

メリット
  • 短辺方向に配置するデスクであれば奥行600以上がベスト
  • 長辺方向に配置するデスクであれば幅2,000以上も可能
  • デスクトップPCも問題なく置ける
  • A3プリンター問題なく置ける
  • 奥行の必要な収納を配置できる
  • 窓を設けることも可能
デメリット
  • 隣接する間取りに影響を与える形状
  • 個別に冷暖房・換気が必要
  • 使用頻度が少ないと、かなり勿体ないスペース

2畳 ④ウォークスルー型

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_09

デスクと棚が二列に配置されたカタチ。

リビングや廊下から、あるいはガレージから、書斎を抜けて行き来できる動線を重視したレイアウトです。

Ⅱ型』の重要ポイントとして、扉を片側へ寄せない事で室内の四隅壁面を確保するという点があります。

メリット
  • 未使用時の通り抜け可能な動線が便利
  • 扉を開けっ放しにして、開放的にも使用可能(換気確保)
  • LDKに隣接していれば冷暖房も兼用できそう
  • ウォークスルー・クローゼットに転用可能
  • デスクは奥行500がベスト
  • デスクトップPCも問題なし
  • A3プリンター置ける
  • 壁一面に収納を確保できる
  • 窓を設けやすい
デメリット
  • 隣接する間取りを限定する
  • 建具・サッシ工賃が増える

ガレージの隣に書斎オープン型を検討

GARAGE PANDA_feature_家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!

何かの部屋に併設して、その一角にデスクを配置するタイプを書斎オープン型と呼びます。

室内のインテリアや調度品の雰囲気とマッチするデスクやチェア選びが大変なポイントかも知れません。

ぱんだ

「このスペースでする事はここまで!」と決めて、際限なく仕事部屋となってしまわない様、注意したい。

書斎オープン型①LDK併設タイプ

ガレージに隣接してリビングやダイニング、キッチンがあるのなら、その一角に書斎デスクを配置するのもありです。

LDK併設タイプは何と言っても、計画が手っ取り早い!という利点があります。

しかし使用感については、同居する家族の会話が聞こえてきたり、動きが視界に入ってきたりして、作業をしていても気が散り易い場面は多そうです。

ぱんだ

集中力に優れた人に向いている環境。

メリット
  • 比較的、工事費を抑えられる
  • 開放的な気分で作業ができる
  • 個別に冷暖房を必要としない
  • 家事育児や他の用事との行き来がしやすい
  • 他の家族もデスクを使いやすい
    (宿題や家事作業など)
デメリット
  • 作業に集中しにくい
  • オンとオフの区別をつけにくい
  • 仕事関係の物が部屋中に広がりがち

書斎オープン型②主寝室併設タイプ

ガレージに隣接して主寝室があるのなら、その一角に書斎デスクを配置するパターンも検討の余地ありです。

書斎としての専用個室ではなくとも、個室と言えば個室と言える静かな雰囲気が作れそう。

メリット
  • 比較的、工事費を抑えられる
  • 個室とほぼ同等に使え、仕事に集中できる
  • オンとオフの区別が付けやすい
  • 適度な広さがあって閉塞的な気分にならない
デメリット
  • 主寝室の収納スペースが減ってしまう
  • 家事育児や他の用事との行き来が厳しい
  • 他の家族がデスクを使えない
  • 別途、冷暖房設備が必要となる

ガレージ内に書斎オープン型を検討

GARAGE PANDA_action_家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!

隣接する部屋にではなく、ガレージ自体に書斎スペースを設けるパターン。

もちろんガレージ内の一角にただデスクを置いてもOKですが、少し工夫を加えたパターンも検討してみましょう。

書斎オープン型③エクストラタイプ

ガレージに立体的なスペースを作るレイアウト。

たとえばロフトやスキップフロア、階段下スペースなどを有効活用するパターンです。

完全な個室ではありませんが、LDK併設タイプのデメリットを個室性を高めることで緩和できます。

メリット
  • 比較的、テレワークにも集中しやすい
  • オンとオフの区別も付けやすい
  • 書斎スペースとして物の整理ができる
  • 雰囲気的に個室感も得られる
  • 他の家族も使いやすい
    (宿題や家事作業など)
デメリット
  • それなりのスペースと工事費が必要
  • 窓の設置が困難な場所である場合が多い
  • 別途、冷暖房・電気設備が必要となる場合がある

エクストラタイプは書斎専用の個室ではありませんが、個室の様に独立した設備が必要になります。

書斎オープン型④セミクローズタイプ

ガレージを平面的に間仕切りするレイアウトです。
(写真はLDKのイメージ)

開放的にも個室的にもなる、とても便利で手法。

ぱんだ

完全な個室よりも低予算では!?

ただしLDK併設タイプと同様に、綺麗に整えた“魅せる書斎”として、普段は引き戸を開けっ放しにしてガレージの広さや解放感を優先するのがベスト。

メリット
  • 開放的にも個室的にも作業ができる
  • 閉め切ればテレワークにも集中しやすい
  • 家事育児や他の用事との行き来も可能
  • 他の家族もデスクを使い易い
    (宿題や家事作業など)
デメリット
  • それなりのスペースと工事費が必要
  • 整理整頓に気をつかう
  • 別途、冷暖房・電気設備が必要となる場合がある

ガレージのある家づくりで後悔しないためには、情報収集が大切!

なお、ハウスメーカーへ資料請求する際は、各社のHPから毎回個人情報を入力するのが面倒であれば、一括お取り寄せサービスが便利です!

カタログまとめてお取り寄せ!
HOME SPEX_家づくり手帖-LHS-01

▼【無料】カタログお取り寄せはコチラ!(PR)

家づくりを考え始めたらまず、希望する地域で対応可能なハウスメーカー各社から、カタログをまとめて無料でお取り寄せ!最新情報で比較検討に役立てよう!
家づくりノートのスクラップにもおすすめ!

ガレージの書斎に欲しい窓の位置

GARAGE PANDA_point_家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!

オープン型でもクローズ型でも窓があれば、採光や換気といった役割のほか、リフレッシュ効果も期待できます。

ただし窓の位置や大きさについては、それぞれメリット・デメリットもあるので注意が必要。

ぱんだ

建物は構造上、窓が無い方が有利。
従って、必ずしも希望通りの位置に窓を設けられない可能性もあるので詳しくは専門の住宅会社が行う設計確認が必要です。

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_10
窓の位置①
家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_11
窓の位置②
窓の位置①正面
メリット
  • 息苦しさがなく開放的
  • 部屋全体が明るく、デスク面の視認性が良い
  • 空気の入れ替えが早い
デメリット
  • 陽当たりが良いと終日、逆光でPC画面が見にくい
  • ブラインド等で調光が必要
  • 結露対策が不十分だとPC等の電気系統が不安
窓の位置②正面(小)
メリット
  • ほどほどに室内の明るさが取れる
  • 息苦しさを軽減できる
  • ちょっとした空気の入れ替えができる
デメリット
  • 時間帯によっては逆光でPC画面が見にくい
  • ブラインド等で調光が必要
  • 結露対策が不十分だとPC等の電気系統が不安
家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_12
窓の位置③
家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_13
窓の位置④
窓の位置③背面
メリット
  • 息苦しさを感じる事が少ない
  • 部屋全体が明るい
  • 空気の入れ替えが早い
デメリット
  • 常に影ができてデスク面の視認性が悪い
  • ブラインド等で調光が必要
  • 日差しがPC画面に反射して見にくい
窓の位置④側面
メリット
  • デスク面は照明メインとなり、室内の明るさが終日ほぼ変わらない
  • ちょっとした空気の入れ替えができる
デメリット
  • 時間帯によっては反射でPC画面が見にくい
  • 時間帯によってはブラインド等で調光が必要
  • デスク面では常に照明が必要
ぱんだ

どれも一長一短がありますが、間取りや構造上において問題の無い位置であれば、得られるメリットを優先して積極的に窓を設けるべきです。

調光ロールスクリーンという選択肢

画像引用:ニチベイ

お洒落な書斎に欠かせないのは、お洒落な窓回りのセレクトです。

無骨なブラインドもカッコいいですが、調光ロールスクリーンの持つ“緩やかな日差し”もあり。

ガレージの書斎に重要な照明位置

GARAGE PANDA_howto_家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!

天井には、ブラケット照明(ダウンライト)をおすすめします。

一般的なシーリングライトでは室内中央に取り付けるため、前かがみになった自分の頭から光を照らされて、デスク面に影ができてしまい、作業効率がとても悪くなります。

これを避けるためブラケット照明の取付位置は、室内中央ではなく、デスク面を真上から照らす位置に設置するのが理想です。

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_14

その目安は、デスク面と直交する側の「室内長さL」の1/4ぐらいを、室内中心からデスク側へ寄せた位置です。

ただし、使用する照明の種類や天井高さなどによって、適切な位置や必要な照明の数も変わってくるので、実際のプランニングでは詳細な確認も必要です。

ぱんだ

書斎の照明は「影」に注意!

ガレージの書斎が快適なデスクの高さ

GARAGE PANDA_tips_家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!

疲れにくいデスクワークを実現する為には、正しい姿勢を手に入れなければなりません。

正しい姿勢を得るには、人それぞれに合ったデスクや椅子の快適な高さの目安が参考になります。

それは、椅子の座面の高さと、差尺(さじゃく)により求める事ができます。

家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!_15

【快適なデスク高さの求め方】

①適切な座面の高さ = 身長 ÷4
②適切な差尺の数値 = 身長 ÷ 6
③快適なデスク高さ = ① + ②

参考:一般社団法人日本オフィス家具協会

例えば、身長173cmの人であれば、快適なデスク高さは上記計算により『72cm』と求められます。

【身長173cmの例】
・座面の高さ = 173 ÷ 4 = 43.2cm
・適切な差尺 = 173 ÷ 6 = 28.8cm
・デスク高さ = 43.2 + 28.8 = 72.0cm

あくまで目安です。
実際には体格によっても使い勝手の良さは違ってくるので、正しい姿勢でのデスクワークを追求した場合、こういう計算がベターですよ、という感じで用いて下さい。

【正しい姿勢の目安】
・座面の奥までしっかり腰かける
・背もたれに背中をつける
・両足のウラが床面につく
・ひざ下が床面から垂直である

なお、既製品のデスクでは、高さ70cm~72cmの商品が多い印象です。

したがって、どうしても正しい姿勢と一致しない場合は、座布団クッションを敷いて座面高さを調整したり、キーボードの下に板を敷いてデスク面の高さを調節するなどの工夫が必要です。

ぱんだ

高さ調整の出来るデスク椅子も。

ガレージチェアに欲しいロッキング機能

GARAGE PANDA_choice_家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!

リビングやダイニングに併設する書斎では、あからさまにデスクチェアを置くことで、室内インテリアの雰囲気を台無しにしちゃう場合もあります。

従ってオープン型の書斎では、機能性よりもインテリア性を重視した椅子選びになりがち。

ぱんだ

書斎クローズ型の方が、椅子選びの選択肢は多いかも。

いずれ大切なことは、在宅勤務で疲れにくい椅子であることで、ある程度は長時間の着席も考慮しておきたいです。

そこで絶対に採用したい機能がロッキング!

背もたれが少しリクライニング出来るこの機能の重要性は、在宅勤務の要となります。

ぱんだ

ダイニングテーブルの椅子で8時間机と向き合える?
私は絶対に腰が痛くなる。

ガレージと書斎を一緒に検討しよう!

GARAGE PANDA_summary_家づくりでガレージと書斎を一緒に考えるポイントを徹底解説!

これからの家づくり、ガレージがただの車庫じゃもったいない!

趣味を満喫するために、在宅勤務も効率化するために、ぜひガレージと書斎を一緒に検討しよう。

ガレージと書斎の検討5ステップ!

STEP.1
オープン型 or クローズ型

STEP.2
必要な物量の確認

STEP.3
設備の検討

STEP.4
デスク&チェアの検討

STEP.5
用途・頻度・利便性の再確認

何となくで書斎作りを始めてしまわないよう、検討のベースとなる基準をしっかりと持って住宅会社と打ち合わせを進めていきましょう。

『家づくりノート』を作ろう!

GARAGE PANDA_家づくりノート_09
GARAGE PANDA_家づくりノート_13

家づくりは長期戦!
まずはスロースタートで、じっくり検討する期間が大切です。

家づくりノート』を作れば、
家族でイメージを共有しながら打ち合わせを進めることが可能!

あわてずじっくり検討したいこと
  • 要望や方向性の整理
  • 資金計画
  • 住宅会社選び
  • 土地探し
  • 間取り・仕様の比較検討
『家づくりノート』を作るメリット!
  • 家づくりの希望条件、考え方を整理
  • 家族で住まい方のイメージを共有
  • 日程や期日など共有スケジュールを確認
  • 住宅会社へ明確に伝えやすいくなる

家づくりノートの作り方をとことん解説!

おすすめ記事!
『家づくり手帖』の作り方!トラベラーズノートのおすすめ活用術

マイホームを考え始めたら『家づくりノート』を作ってみよう!トラベラーズノートならその有用性も高まり、相性バッチリ!

それではぜひ、楽しいライフスタイルを !

To Be Continued

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次